同期 & Talk

弱さまで受け止めてくれる。
そんな同期がいると、
もっと強くなれると思う。

&
Talk

Profile

朝吹 真夕

開発事業第二部 / 2021年新卒入社 /
創造理工学研究科卒業

大学時代は建築を専攻。自らの学んできたことを活かすために、建築系の就職を志す中、総合的に不動産のプロジェクトに携わりたいという意思から、不動産デベロッパーであるヒューリックに入社。

窪谷 美音

アセットソリューション第三部 /
2021年新卒入社 / 言語文化学部卒業

建物としてだけではなく「資産としての不動産」に興味を惹かれ、不動産デベロッパーや信託銀行の不動産部門に興味を持つ。なかでも、投資を積極的に行なっていることや、ユニークな不動産開発をしている点などからヒューリックに入社。

平 颯一郎

アセットソリューション第一部 /
2021年新卒入社 / 商学部卒業

不動産業界で勤務していた父の影響から、不動産デベロッパーを志望。ヒューリックの先見性のある事業方針と、常に業績を上げ続けている成長性に魅力を感じ入社する。

田邊 真弓

バリューアッド事業部 /
2021年新卒入社 / 理工学研究科卒業

学生時代は、不動産デベロッパーを中心に就職先を探す。なかでも、スピード感のある環境で成長していきたいという思いから、ヒューリックに入社を決める。

早川 高生

シニアビジネス開発部 /
2021年新卒入社 / 法学部政治学科卒業

小中高大とチームスポーツをしてきた経験から、協力しながら業務を推進する不動産デベロッパーを中心に就職先を探す。ヒューリックの少数精鋭かつ、裁量が大きいという点に魅力を感じ入社を決める。

森本 涼介

新事業創造部 / 2021年新卒入社 /
材料科学専攻卒業

少数精鋭で高い業績を維持しているという点からヒューリックに興味を持つ。そして、経営戦略が明確であったことや、若手のうちから大きく成長したいという思いから入社を決める。

※所属部署・役職・内容は取材当時のものです。

Chapter 01

仕事でも、プライベートでも。
支えとなっている同期の存在。
仕事でも、プライベートでも。
支えとなっている
同期の存在。

田邊

入社して約1年近く経つけど、本当に日々の仕事のスピード感が早いと感じるな。入社6ヶ月くらいに「そろそろ田邊さんも自立しないとね」と上司から言われて、いつまでも新人気分でいられないと実感してる。

本当にスピード感が早いよね。不動産についても僕はまだまだ知らないことが多いし、とにかく仕事もしながら勉強しなきゃって感じで、毎日が目まぐるしい。

窪谷

たしかに大変なことも多いけど、それだけ1年目から本当にたくさんのことを任せてもらっている証拠なんだと思う。経験も知識も足りない中、難しいことでもチャレンジさせてもらえるってすごいことだと思うんだよね。

早川

入社前に想像していた以上に、本当に社員一人一人の裁量が大きいよね。1年目から案件の主担当を任せてもらえるし。しかも、先輩や上司のバックアップ体制も整っている。ヒューリックって「少数精鋭」と謳っているくらいだから、「同期や先輩を蹴落として這い上がろう!」みたいな雰囲気なのかと思っていたけど、全然違った(笑)。

森本

同期同士で蹴落とすどころか、同期の存在は僕にとってかなり支えになっているよ。同期12人の中で、みんなそれぞれ部署が違うからこそ、わからないことがある時はその部署の同期に話を聞いて勉強したりすることもあるし。

朝吹

プライベート面でも同期の存在は心強いよね。休日にちょっと時間があれば暇な人で集まって遊びに行ったり、みんなで旅行に行ったり。会社の同期って、どういう仲になるのかイメージがつかなかったけれど、同期同士でこんなに仲良くなれるとは思わなかった!

Chapter 02

会社の寮を通じて、
オン・オフを超えた
つながりができた。

森本

あと、僕らの同期はだいたいみんな会社寮に住んでいるけど、ヒューリックの寮って環境が本当に良いよね…!

そう思う。会社寮って、郊外にあったり、オフィスから少し離れたところにあるイメージだったけど、最寄り駅が門前仲町駅でアクセスが良いし、駅からも徒歩でいけるからすごく便利。

窪谷

寮も自己負担がなく住めるし、朝・昼ごはんも無料で食べることができるからお財布にも嬉しい!生活する上で固定費がほとんどかからないから、自分の好きなことにお金を使えるのがありがたいよね。

早川

あとみんな同じ寮に住んでいるから、仕事終わりに一緒に帰って部屋に遊びに行ったりする機会も結構多いよね。部屋もすごく綺麗だし。

田邊

金曜日の夜はよくみんなで集まって朝まで誰かの部屋で飲んだりすることもあるよね(笑)。

朝吹

それと私は寮に住んでいることで、勉強できる仲間が近くにいるのが嬉しい。やっぱり1人よりも誰かと頑張る方が勉強も捗るし、わからないところは教えあったりできるんだよね。

窪谷

やっぱり、寮や食事が完備されていることで、仕事に割ける時間や労力も増えるし、同期と接する機会が多いからこそ励みになる。存分に仕事に打ち込むための制度があるのは嬉しいな。

Chapter 03

入社1年目から役員と対話する。
優秀な先輩方と一緒に
仕事ができる。
入社1年目から
役員と対話する。
優秀な先輩方と一緒に
仕事ができる。

窪谷

私がヒューリックに入って驚いたのは、社長をはじめとする役員層と僕たち若手社員の距離がすごく近いこと。社内で定期的に行われるプロジェクト検討会では、若手社員がプレゼンターになって、全部署の部長や副社長に直接プレゼンできるのは貴重な機会だと思う。

早川

あのプロジェクト検討会でプレゼンするの、本当に緊張するよね(笑)

あと、入社してすぐに会長と社長と新入社員全員で食事会に行ったのもよく覚えてる。経営層と入社1年目の社員が直接を話すことができる機会って、他の会社だとあまりないんじゃないかな。

田邊

私もその食事会はよく覚えてる。確かうなぎのコース料理を食べに行ったよね(笑)。その時、社長が2年目の先輩の話をされ、若い社員のこともしっかり把握されているのが印象的だったな。

朝吹

役職関係なく距離が近いのも、少数精鋭のヒューリックならではだよね。グループ会社の社員も同じオフィスビルの中で働いているし、仕事でわからないことがあったらすぐに聞ける環境もあるし。

早川

そういう意味では、ヒューリックって成長できる環境が整っている会社だと思うな。経営層をはじめとする先輩方から吸収できる機会も多いし、挑戦するチャンスがたくさんあるしね。

森本

環境によって自分の成長スピードって大きく変わると思うんだよね。だから、優秀で、尊敬できる先輩方がたくさんいるヒューリックで働けていることは本当によかったなと思う。「どんどん成長したい!」という気持ちを持っている人なら、これ以上ないほど良い環境と言ってもいいんじゃないかな。

Other Talk

Page Top